塗装工事の現場レポート

葛飾区 鉄部塗装 ベランダ・手すり 上塗り K様邸 完工 

東京都上塗り付帯部塗装鉄部塗装

 2021年7月9日

鉄部 上塗り

今回も前回に引き続き、

葛飾区K様ていより、ベランダや手すり等の鉄部塗装、本日は上塗りを行いましたので、ご紹介致します。

 

手すり ケレン

前回は鉄部のケレン作業と下塗りについてご紹介させていただきました。

本日はそちらが乾いて、いよいよ仕上げの工程になります。

 

錆び止めをしっかり塗布しているので、外壁と同じくその塗装の上から

仕上げ材を塗っていきます。

上塗り鉄部 上塗り

塗りムラがありますとそこから雨や湿気が侵入して、錆びの原因となりますので、

ナットの間などにもしっかり塗布して塗り残しがないようにします。

 

余談として、そもそも鉄部の塗装はどれほどの重要度があるのかご紹介致します。

建物の金属部はやはり経年によってさびてしまいます。

塗装の剥がれが始まり、錆びが一部発生するとすぐに侵食が始まり、接している金属全体を腐食していきボロボロにしていきます。

そのような状態では、人がもたれた時や万が一手すりにつかまった時にそのまま落下してしまうことは想像に難くないと思います。

鉄部の塗装の寿命は約5年程度です。外壁などに比べると寿命が早いです。

鉄部の塗装だければ、それほど費用もかかりませんので、破損してしまう前に点検することをおすすめ致します。

 

今回の鉄部の上塗りが終われば、K様邸の施工は完了となります。

漆喰も問題なく接着しておりました。

K様、今回は当社にご依頼いただき、ありがとうございました。

また何か気になることがございましたら、当社にご相談ください。問題をすぐに解決させていただきます。