塗装工事の現場レポート

江戸川区 コーキング シール剥がし 養生 O様邸  

東京都シーリング

 2021年7月10日

シール除去

今回は江戸川区、O様邸より

塗装工事に着手致しましたので、ご紹介していきます。

 

今回はコーキングについてのご紹介です。

コーキングとは壁材の間を目地材で充填し、壁材を同士を接着する役割も持ち、地震や強風の際には壁材同士がぶつかるのを防いでくれます。

またやり方としては、古いコーキングを剥がして打ち直す、打ち替え。

古いコーキングの上からコーキングを充填する、「打ち増し」があり、今回のO様邸では打ち替えを行っていきます。

 

O様邸のコーキングは既に経年による劣化が目立ちましたので、打ち替えを行っていきます。

打ち増しでは古いコーキングが剥がれてしまうと充填した新しいコーキングも剥がれてしまう可能性があります。

多くの場合、コーキングによる補修が必要の場合は打ち替えになってしまう可能性が高いです。

 

先ずは古いコーキングは剥がしていきます。古いコーキングが残っていれば、新しく充填しても剥がれてしまう可能性があるため、残さず綺麗に剥がしていきます。

コーキング剥がし

次に、充填す箇所の周りをマスキングテープで覆い、外壁にコーキングが付かないように致しました。

マスキング

以上で本日の紹介は終了です。

 

次回はいよいよコーキングの充填について紹介をして参りますので是非ご覧ください。