塗装工事の現場レポート

江戸川区 コーキング 打ち替え O様邸

東京都シーリング

 2021年7月11日

今回も前回に引き続き江戸川区、O様邸より

コーキングの打ち替え補修についてご紹介致します。

 

前回は、古いコーキングを剥がし、マスキングテープで充填箇所を覆いました。

今回は、そこにコーキング材を充填していきます。

コーキング材を充填する際にはコーキングガンやコテを使っていきます。

コーキングガンコーキング

充填する際には、隙間を残してはいけません。

隙間があれば、下地が外気に触れたり、雨が侵入したりと劣化を速めてしまう可能性があります。

まっすぐ、綺麗に隙間なく埋めていく作業は職人の腕の見せ所と言えます。

打ち替えが終わったら、十分に乾燥するまで経過を確認していきます。

 

またここで、コーキングの劣化症状についてご紹介致します。

コーキングの寿命は5年~10年です。

症状としては、長年紫外線のダメージを受け続けて起きるひび割れ、ひび割れが広がりコーキングが縦に割れてします破断、可塑剤が溶け出して起こる肉痩せなどがあります。

これらの症状は放っておくと建物に重大な欠陥を引き起こしてしまう場合があります。

コーキングに劣化は、目視で確認できる項目ばかりですので、日頃から確認しておくことをオススメ致します。

 

以上で今回の紹介は終わりです。

コーキングに点検も当社では無料で行わせていただきます。

建物で気になることがあればお気軽にご相談ください。

お問い合わせ