塗装工事の現場レポート

東京都杉並区 S様邸 破風板・軒天井 下塗り カチオンプライマー

杉並区東京都外壁塗装

 2022年1月16日

軒天井下塗りの画像

東京都杉並区のS様邸にて破風板と軒天井の下塗りを行いました。

破風板や軒天井は合板やケイカル板などで仕上げられているのが一般的ですが、こちらでは外壁と同じ塗装で仕上げられていました。

破風板はジョイント部にひび割れがありましたので、補修を行なっております。

破風板のジョイント部の補修は下の現場レポートでお伝えしております。

 

「現場レポート:東京都杉並区 S様邸 破風板 ジョイントシール補修」

【破風板の下塗り】

破風板の下塗りの画像

下塗りにはカチオンプライマーを使いました。

この下塗り剤はカチオン系の塗料でして、付着力に優れています。

塗装は下地に密着していることが大事です。

下地に塗装が密着していないとどんなに耐久力のある塗料で塗装しても短い期間で剥がれてしまいますので、下地への密着性を下塗り剤で高めておくことが大切です。

【軒天井の下塗り】

軒天井下塗りの画像

続いて軒天井の下塗りです。

塗装して仕上げてありますので、経年劣化による塗装の剥がれには注意しておく必要があります。

表面上は塗装が剥がれていないように見えても、下地から塗膜が浮いてしまっていることがあり、このまま塗装をしても意味がありません。

もし、下地から塗装が剥がれている状態の時は、一度塗膜を剥がし、再度塗装で模様を作る必要があります。

塗装は長持ちするように下地処理を念入りに行なっておくことが大事です。

 

下地処理についてはこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

これから塗装工事を考えている方は、無料診断を実施しておりますので、ぜひ当社にお声がけください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】