塗装工事の現場レポート

東京都杉並区 S様邸 外壁の下塗り カチオンプライマー

杉並区東京都外壁塗装

 2022年1月16日

外壁の下塗りの画像

東京都杉並区S様邸にて外壁の下塗りを行いました。

外壁も前回お伝えした破風板と軒天井と同じ下塗り剤で塗装しております。

 

前回の現場レポートについてはこちらの「東京都杉並区 S様邸 破風板・軒天井 下塗り カチオンプライマー」をご覧ください。

 

【塗装の前に現場を養生して保護すること】

外壁の下塗りの画像

 

外壁の塗装をする際は、塗料がまわりにとんでも汚してしまわないように養生をしてから行います。

養生は工事の品質を維持していくのに大切な作業です。

養生が汚い現場は、工事の品質も悪いと言われるくらいですから、丁寧に養生をして現場を保護することが大事です。

 

養生についてはこちらの「塗装工事の流れ」でも伝えております。

 

【外壁の下塗り カチオンプライマー】

通常、下塗りは1回で終わりですが、こちらでは2回下塗りを行いました。

下塗り剤での塗装は、下地と仕上げ剤のクサビとなる土台を作る大事な工程です。

必要な塗膜厚も確保しなければいけませんので、劣化が進んでいて塗料の吸い込みが多い場合は、1回の塗装だけでは足りず、再度塗り重ねる必要があります。

密着性を高めるだけでなく、仕上げ剤の吸い込みを防ぐ役割もあり、見栄えにも関係してきます。

塗装は一つ一つの工程を正しく施工されていることで、見栄えが良く長持ちする塗装に仕上げることができます。

 

「外壁塗装・屋根塗装の必要性」

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

これから塗装工事をご検討している方は、ぜひ当社にご相談ください。

当社についてはこちらの「当社の強み」をご覧ください。

“mu”

 

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】