塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 T様邸 ベランダ防水工事 施工前と下地張り メンテナンスの必要性

東京都葛飾区防水工事下地処理

 2022年4月21日

東京都葛飾区 T様邸 ベランダ防水工事 施工前と下地張り メンテナンスの必要性

東京都葛飾区T様邸にてベランダ防水工事を行いました。

本日は施工前と下地張りの作業をお伝えします!

 

【施工前のベランダ】

東京都葛飾区 T様邸 ベランダ防水工事 施工前と下地張り メンテナンスの必要性

今回施工するベランダは下地から作っていきます。

ベランダは雨に濡れるため、防水が劣化していると水が染み込んでしまいます。

防水の劣化症状は、色あせ、ひび割れ、汚れの付着などがあり、シート防水の場合は防水シートが捲れ上がってしまったり、反ってしまったりして下地が露出してきます。

劣化したままにしておくと雨漏りの原因となりますのでご注意ください。

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りを放置すると危険」をご覧ください。

 

【ベランダ床 下地張り】

東京都葛飾区 T様邸 ベランダ防水工事 施工前と下地張り メンテナンスの必要性

新しく防水施工をしていきますので、床に下地を張っていきます。

下地に使ったのはラーチ合板です。

ラーチ合板は木の繊維を直行するように重ねて貼り合わせて作ってあります。

表面がザラザラしていて節もありますので、下地などの構造用によく使われます。

 

これからお家のメンテナンス工事をお考えの方はこちらの「工事業者の選び方 ~基礎編~」もご参考にしてください。

 

東京都葛飾区 T様邸 ベランダ防水工事 施工前と下地張り メンテナンスの必要性

人がのると床が沈みますので、合板は壁から少し隙間をあけて張ります。

もし、壁にぴったり合板を張ってしまうと床が沈み込んだ時に壁を擦ってしまい音が鳴るため、壁から少し隙間をあけておくことが大切です。

 

防水工事についてはこちらの「屋上・ベランダ防水工事が大切な理由」もご参考にしてください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】