塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 T様邸 防水工事 水に触れる場所の劣化は雨漏りの原因に

東京都葛飾区防水工事

 2022年4月22日

東京都葛飾区 T様邸 防水工事 水に触れる場所の劣化は雨漏りの原因に

東京都葛飾区のT様邸にて防水工事を行いました。

本日は施工前をお伝えしていきます。

 

ベランダ防水工事は前回の現場レポートでお伝えしておりますので、まだ見ていない方はぜひこちらもご覧ください。

 

「現場レポート:東京都葛飾区 T様邸 ベランダ防水工事 施工前と下地張り メンテナンスの必要性」

 

【防水工事 施工前】

東京都葛飾区 T様邸 防水工事 水に触れる場所の劣化は雨漏りの原因に

既存の防水シートは経年劣化で傷んでいました。

上の写真にあるように立ち上がりのところのシートが剥がれてしまっています。

この状態だと水が入ってきてどんどんシートの下に溜まってしまいます。

防水シートの下には下地がありますから、流れてきた水が染み込み屋内にまで流れてきてしまいます。

ここは屋根もありませんからなるべく早めに修理する必要があります。

今回は新しく下地を張り、ルーフィングを敷設していく計画となっております。

 

防水工事についてはこちらから

 

【防水の劣化は雨漏りのリスクが高くなります】

東京都葛飾区 T様邸 防水工事 水に触れる場所の劣化は雨漏りの原因に

建物は風雨にさらされていますから、水が入ってこないように防水がされていなければなりません。

もし、防水されているところが劣化していると水が入ってくることになるため、雨漏りを発生させるリスクが高くなります。

雨漏りは建物の構造体を腐食させ、耐震性の低下、シロアリ被害、電気配線のショート、家電や内装などの損傷などたくさんの被害を被る恐れがあります。

雨漏りは建物の寿命を縮めてしまう要因にもなりますので、なるべく雨漏りを起こさないように日頃から状態に注意しておくことが大切です。

 

当社は雨漏り修理も承っておりますので、もしなにかありましたらぜひご相談ください。

雨漏り修理についてはこちらから

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】