塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 N様邸 シーリング工事 シール破れ補修②

東京都葛飾区シーリング

 2022年4月28日

東京都葛飾区 T様邸 シーリング工事 シール破れ補修②

本日の現場レポートは、引き続き東京都葛飾区N様邸のシーリング工事の作業をお伝えします。

今回は破けてしまっているシールを補修していきます。

前回の現場レポートでは施工前の状態をお伝えしておりますので、まだ見ていない方は、ぜひこちらもご覧ください。

 

「現場レポート:東京都葛飾区 N様邸 シーリング工事 シール破れ補修①」

 

それではシーリング補修の作業をお伝えしていきます。

 

【シーリング補修ヘラ押し仕上げ】

東京都葛飾区 T様邸 シーリング工事 シール破れ補修②

前回の現場レポートでお伝えしたように隙間ができてしまっていますので、水が入らないように新しくシーリングを打っていきます。

埃などがついていると付着しにくくなりますので、充填前に払っておきます。

シーリングはコーキングガンという専用の道具を使って打っていきます。

東京都葛飾区 T様邸 シーリング工事 シール破れ補修②

コーキングガンで打ったままだと表面が凸凹になって見栄えが良くありませんので、充填した後は最後にヘラで均して仕上げます。

 

コーキングについてはこちらから

 

【コーキングのメンテナンスの目安は5〜10年ほど】

コーキングは水に関わる工事ですので、なるべく劣化したまま放置しないことが大切です。

気になるのはメンテナンスのタイミングですよね。

メンテナンスをご検討していただくサインは年数の経過と劣化症状です。

シーリングが劣化してくるとひび割れや破断、隙間、剥がれなどの症状が出てきます。

また、年数の経過もメンテナンスを行う目安となり、およそ5〜10年ほどとなります。

目視ではそこまで劣化していないように見えてもこのくらいの年数が経っていましたら一度専門業者にメンテナンスが必要か状態を見てもらうことをおすすめします。

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のメンテナンスのことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】