塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 外壁塗装工事 ベランダ手すりと笠木の塗装 水の侵入に注意!

東京都葛飾区下地処理下塗り中塗り上塗り付帯部塗装

 2022年6月5日

東京都葛飾区 ベランダ手すりと笠木の塗装 水の侵入に注意!

東京都葛飾区の現場にて、本日はベランダ手すりと笠木の塗装を行いました。

ここは鉄部になりますので、錆が発生する前に塗装することが大切です。

錆は塗装の付着力を落とすだけでなく、部材を朽ちさせてしまう恐れがありますからご注意ください。

長く建物を使っていくためにはメンテナンスのサインを見逃さないことが大切なため、日頃から状態を確認しておくことをおすすめします。

 

劣化症状についてはこちらの「外壁塗装は必要?建物の劣化症状を解説します!」をご覧ください。

 

【塗装は下地処理が大事!】

東京都葛飾区 ベランダ手すりと笠木の塗装 水の侵入に注意!

笠木や手すりは鉄のため塗装前によくケレンをしておきます。

ケレンなどの下地処理は塗装の耐久性に関係し、長持ちする塗装はかならず下地処理を念入りに行っています。

 

下地処理についてはこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

 

東京都葛飾区 ベランダ手すりと笠木の塗装 水の侵入に注意!

下地処理の後は下塗りと上塗りをします。

塗装前は色褪せて錆もありましたが、塗装で色が均一になり、見栄えも美しくなりました。

 

塗装の必要性についてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の必要性」をご覧ください。

 

【シーリングやパッキンのメンテナンスも一緒に】

東京都葛飾区 ベランダ手すりと笠木の塗装 水の侵入に注意!

ベランダ笠木は継ぎ目のシーリングや手すりと接するところのパッキンのメンテナンスも重要です。

水は少しでも隙間があれば入ってきます。

水が入ってしまうと壁内に水が溜まり腐食を起こすだけでなく、雨漏りしてしまう恐れがあります。

被害が大きいと外壁を剥がさないと修理ができなくなり、工事代も高くなってしまうため、被害が大きくならないように防水を新しくしておくことが大切です。

笠木のシーリングや手すりのパッキン交換は雨漏りを防ぐ大事なメンテナンスですから、定期的にメンテナンスをしましょう!

東京外壁塗装専門店は無料で診断を行なっておりますので、お家のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】