塗装工事の現場レポート

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 外壁のクラック補修 プライマー下塗り

東京都葛飾区外壁塗装シーリング下地処理モルタル

 2022年9月14日

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 外壁のクラック補修を行いました!

東京都葛飾区のS様邸にて、引き続き外壁塗装工事で行いました作業をご紹介いたします!

本日は外壁のクラック補修です。

クラックには「構造クラック」と「ヘアークラック」があります。構造クラックは耐震性に関わる損傷ですので、そのような症状が確認できる場合は早めに修理をしましょう。

東京外壁塗装専門店は無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスの際はぜひご利用ください。

無料診断についてはこちらの「現地見積について」をご覧ください。

【外壁クラック補修 施工前】

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 外壁のクラック補修を行いました!

S様邸の外壁にはクラックが入っていましたので、補修をしていきます。クラックがあると水が壁内に入りますので、長い期間放置するのはあまり建物によくありません。シロアリを寄せ付ける原因にもなりますので、被害が広がる前に補修しておきましょう。

クラックは雨漏りの原因にもなります。雨漏りについてはこちらの「雨漏りを放置すると危険」をご覧ください。

【外壁クラック補修 プライマー下塗り】

東京都葛飾区 S様邸 外壁塗装工事 外壁のクラック補修を行いました!

軽微なクラックならプライマーやフィラーなどの下塗り材で補修できます。塗布すると膜を張りますので漏水を防ぐことができます。S様邸の外壁はクラックが大きいため、プライマーを塗った後はコーキングを充填します。プライマーには接着剤の役割もありますので、先に塗布しておくことでコーキングが剥がれにくくなります。

それでは本日の現場レポートはここまでになります。建物は年数が経過するといろいろな劣化症状が出てきます。劣化症状はメンテナンスのサインとなりますので、タイミングを見逃さないようにしましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「外壁塗装は必要?建物の劣化症状を解説します!」をご覧ください。

 

“mu”

江戸川区、葛飾区、江東区で、塗装工事、屋根工事のことなら、東京外壁塗装専門店へお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区の外壁塗装・屋根塗装なら【東京外壁塗装専門店】